さいたま市の空き家(売却・査定・巡回管理・賃貸・改築・解体・買取)対策のお手伝いいたします
さいたま市の空き家(売却・査定・巡回管理・賃貸・改築・解体・買取)対策に対応

簡単レシピ


強力粉とパン用米粉を使用した生地で

作る、シンプルなトマトソースのピザ。

 

トマトソースは市販のトマトピューレを

使って作ります。簡単に作れるからこそ、好きな具材をトッピングできます。

 

フライパンで焼くことで、カリカリもっちりとしたピザに。おもてなしパーティーの助っ人としても使えます。チーズをたっぷりとかけて焼きたてを召し上がれ!

材料【4人分】

ピザ生地                トマトソース

・強力粉………………200g        ・市販のトマトピューレ1パック

・製パン用米粉…………50g         ・玉ねぎ………………半分

・塩……………………少々           ・合いびき肉……………50g

・ドライイースト…………3g       ・塩こしょう……………少々

・ぬるま湯……………150㏄       トッピング

・オリーブオイル…大さじ2        ・チーズ…………………100g

 

【生地を作る】

①大きなボウルに強力粉、米粉を入れて軽く混ぜ合わせる。

②塩、ドライイーストを加えて混ぜる。

③さらにオリーブオイル、ぬるま湯を加え生地を捏ねていく。

④柔らかく、つやが出る生地になるまで10分ほどよく捏ねる。

⑤ボウルから取り出しラップに包み、生地を発酵させる。(1時間弱)生地が2倍ぐらいの大きさになったら発酵完了。

 

【トマトソース】⑥玉ねぎの皮をむき、みじん切りに。

⑦フライパンにサラダ油を入れて熱し、合いびき肉、玉ねぎを弱火でじっくりと炒める。

⑧玉ねぎを透き通るまで炒めたら、トマトピューレを加えて10分ほど弱火で煮込み水分を蒸発させる。

⑨塩こしょうで味を整える。

⑩発酵が済んだ生地を一度軽く捏ねてから、薄く伸ばす。

⑪薄く伸ばした生地の上にトマトソースを塗り、チーズを乗せる。

⑫クッキングシートに乗せたピザ生地をフライパンに乗せ、中火で8~10分焼く。

 

【ポイントメモ】生地を作る時に固めだったらぬるま湯を足す。

 

 

情報提供

さいたま市の空き家(売却・査定・巡回管理・賃貸・改築・解体・買取)対策に対応するミユキプロテック


ツナ缶のドライカレー

 じめじめと鬱陶しい梅雨の季節。

ついつい、手の込んだ料理をつくるのも

おっくうになってしまいます。

 

そんなときに助かるのが、あり合わせの

缶詰でつくるスピードメニューです。

 

 今回は、どこででも手に入るツナの

油漬け缶詰を使ったドライカレーをご紹介します。

 

調理時間も5分ほど。爽やかな辛味が

効いて、気分もカラッとサッパリ

しますよ。

 

材料【4人分】

 

・ツナの油漬け缶 ……2缶       ・カレー粉 ………大さじ2

・玉ねぎ ………………2個       ・トマトケチャップ …… 大さじ2

・にんにく ……………1片       ・ウスターソース …………大さじ1

・しょうが ……………1片       ・しょうゆ ………大さじ1

・レーズン …… 1/2カップ       ・塩 ………………小さじ1

・しし唐辛子 …………10本       ・バター …………大さじ1

 

①ツナ缶は200g入を2缶用意する。漬け油は炒め油として利用する。

②にんにく、しょうがは薄切り、玉ねぎは粗みじん切りにする。

③鍋を火にかけてバター大さじ1とツナ缶の漬け油を加え、②の材料を炒める。

④野菜がしんなりして、良い香りが

 

出てきたら、ツナを指先でほぐしながら加え、全体に混ぜる。

⑤④にカレー粉大さじ2をふり込んでひと混ぜし、塩小さじ1、ケチャップ大さじ2、ウスターソース大さじ1、しょうゆ大さじ1を加えて味をととのえ、2分ほど煮る。

⑥⑤を煮ている間に、しし唐辛子を幅3~4㎜の小口切りにし、もどしておいたレーズンと共に鍋に加え、1分ほど煮て仕上げ、ご飯にかけたり、パンにはさんだりして食べる。

※ワンポイント・メモ 魚の油漬け缶詰は製造後半年~1年ぐらいのものだと味がなじんで食べごろ。残った中身は別容器に移す。

 

 

情報提供

さいたま市の空き家(売却・査定・巡回管理・賃貸・改築・解体・買取)対策に対応するミユキプロテック


牛肉の味噌炒めサラダ

暑い夏は知らず知らずのうちに食欲を減退させます。ですから、ついつい、そうめんのような軽いメニューに頼りがち。しかし、栄養バランスの点からみると、毎食続けるのは考えものです。

 食欲のないときには、しょうがや味噌の香りを利かせた濃い目の味が強い味方になります。肉だけでは栄養が偏るので、たっぷりの生野菜をからめていただきます。

 

 

 

 

材料【4人分】

 

・牛薄切り肉 ……… 300g       ・しょうが ………… 1/2片

・キャベツ ……………2枚       ・赤味噌  …………大さじ3

・紫キャベツ …………2枚       ・砂糖、酒 ……各大さじ2

・にんじん ……………5㎝       ・ごま油 …………小さじ1

・きゅうり ……………1本       ・しょうゆ ………大さじ1

・青じその葉 …………5枚       ・油 ………………大さじ2

 

①サラダに使う野菜を洗って、そのまま水に浸けておき、あとで線切りにする。

②牛肉を幅1cmぐらいに切り、すりおろしたしょうが汁としょうゆ大さじ1を加えて手で全体にもみこみ、下味をつける。

③小さな器に赤味噌大さじ3、砂糖、酒各大さじ2、ごま油小さじ1を入れ、かたまりがないようにかき混ぜて合わせ味噌をつくる。

④①の野菜の水気を拭き、青じその葉以外は線切りにする。にんじんは縦に薄切りにし、

重ねて縦に線切りに。きゅうりは5㎝に切り、にんじんと同様に線切りにする。

⑤熱した中華鍋に油大さじ2を入れて②の牛肉を炒め、色が変わったら③の合わせ味噌を

加え、全体に味をからめる。

⑥④の野菜を盛り合わせた上に青じその葉を敷き、その中央に⑤の肉を盛り込んで、各自が取り分ける。

 

 

情報提供

さいたま市の空き家(売却・査定・巡回管理・賃貸・改築・解体・買取)対策に対応するミユキプロテック


茄子のはさみ揚げ

夏から秋に旬を迎える茄子は淡白な味なので、肉や油ととても相性が良い野菜です。

 

シンプルな揚げ茄子も美味しいですが、

肉を挟んで衣揚げにすると旨みがぎゅっと閉じ込められます。

 

甘酢あんをかけても美味しくいただけますが、揚げたてのオススメは酢醤油です。

噛むとジュワッと肉汁を吸った茄子が

はじけ、ビールが飲みたくなる1品です。

材料【4人分】

 

・茄子…………………2本       ・余った卵・水………100ml   

・片栗粉……………大さじ1      ・余った卵・水………100ml    

・豚挽肉…………………80g       ・揚げ油………………適量

・塩……………………少々          ・卵……………………1個

・醤油……………小さじ1/2      ・薄力粉………………60g

・薄力粉………………60g         ・ベーキングパウダー…小さじ2/3

・卵……………………1個        ・余った卵・水………100ml

・ベーキングパウダー…小さじ2/3       ・揚げ油………………適量

 

①茄子は3cmの輪切りにし、間に切り込みを入れる。(間に豚肉を挟むので、根元は切れないように切り込む)

②豚挽肉に塩、醤油、卵(大さじ1)を加えよく混ぜる。

③茄子の間に片栗粉を軽くまぶし、②の豚肉を挟む。周りにも片栗粉を軽くまぶしておく。

④衣をつくる。ボールに薄力粉、ベーキングパウダー、卵の残り、水を加えてよく混ぜる。

⑤③の茄子を衣にくぐらせ、160℃?170℃の中温の油で6?7分間、しっかり揚げる。

⑥お好みでからしや酢醤油をかけて。

【ポイントメモ】きつね色になるぐらいが丁度良い揚げ加減です。

酢醤油は酢…大さじ3,醤油…大さじ2の割合で。二杯酢とも言い、砂糖を使わず、甘みは

出さずコクを出したい時に使います。

 

 

情報提供

さいたま市の空き家(売却・査定・巡回管理・賃貸・改築・解体・買取)対策に対応するミユキプロテック


夏バテ予防の豆腐入りゴーヤチャンプル

沖縄の野菜といえばゴーヤーです。今では日本各地で手に入るようになりましたね。最近は緑色だけでなく白いものも売られています。苦い味というイメージが強いですが、その苦みを減らすコツをお教えします。ゴーヤーのビタミンCは熱に強く、美肌効果や夏バテにも効果が期待できます。木綿豆腐を使用した食べごたえ満点のチャンプルーレシピをご紹介。

 

 

材料【4人分】

 

・ゴーヤー……………1本       ・卵…………………1個

・塩………………小さじ1       ・だしの素………………1包

・玉ねぎ………………半分       ・しょう油…………大さじ1

・人参………………半分        ・サラダ油……………適量

・木綿豆腐…………半丁        ・かつお節…………お好みで

・豚肉………………150g

 

①ゴーヤーを縦長半分に切り、大きなスプーンで種とワタを取り除く。

②①のゴーヤーを半月形に薄切りする。

③薄切りにしたゴーヤーを塩で揉み、余分な水分を落とす。

④玉ねぎを繊維に沿って薄切りにする。

⑤人参も食べやすい大きさに薄切りにする。

⑥豆腐は食べやすい

大きさに手でちぎる。

⑦熱したフライパンにサラダ油をひき、強火で豆腐を炒める。

⑧⑦で炒めた豆腐をいったん取り出す。

⑨フライパンに玉ねぎ、人参、水気を切ったゴーヤー、豚肉を入れて中火で炒める。

⑩具材にしっかりと火が通ったら、塩こしょうを振る。⑪豆腐を加え、卵を割り入れて

素早く混ぜる。

⑫卵に火が通ったら、だしの素、しょう油を加えて味を整える。

⑬仕上げに、お好みでかつお節を振りかける。

 

【ポイントメモ】

しっかりとワタを取り除くことで苦みが軽減されます。ゴーヤーは塩揉みをすることで

水っぽさがなくなります。

 

 

情報提供

さいたま市の空き家(売却・査定・巡回管理・賃貸・改築・解体・買取)対策に対応するミユキプロテック