”損をしない” 空き家等の活用

さいたま市の空き家空き地対策(管理・売却・賃貸・改築・解体•買取)対応します。

不動産投資収益物件として利用

◆ 賃貸物件として収益アップを考える


① 手をかけず賃貸に貸し出す

さいたま市内の空き家空き地対策・・・賃貸

これには一定の条件がつきます。

それは「空き家の期間が短いこと。」

家というものは、人が住んでいることで家に命を吹き込んでいるようなもの。

 

生活の中での湿気、乾燥は家にとって程好いサプリですが、これが長期間に放置されてしまいますと湿気や乾燥は悪玉に変わりカビなどの温床になり、家を腐敗させていきます。

ですから、長期で空き家にしていた場合には、貸し出すためのメンテナンス(リフォーム)が必須となってしまい、一定の費用がかかってしまいます。

また、経済的に余裕があるなら「建替え」をして、戸建賃貸住宅としても貸し出すことは可能です。

ただし、将来の日本の少子化問題などを鑑みて、単なる「賃貸物件」という考えで建築をすると、後で手痛い目にあってしまうかもしれません。

 

賃貸物件として貸し出すメリット・デメリット

今お持ちの空き家を「賃貸」として貸し出す際のメリットとデメリットについて簡単にお話します。

 

メリット:既に物件をお持ちなので購入するほどの資金は必要なく、初期投資が少ないためリスクが低いことです。また、賃料も相場などから設定しますので初期投資が少ない分、

高利回りの物件に化ける可能性も十分にあります。

戸建賃貸物件は、アパート、マンションに比べると需要に対して非常に数が少ないために、

人気が集中する物件です。そして、家族が入居するために一度入居すると長期に借りてもらえるため、収支を把握しやすく安定的に収入を得ることもできます。

しかも、将来的には「中古住宅」としても売却できますので安心です。

 

デメリット新築に建替えたものであれば問題はありませんが、空き家をリフォームした際にはある程度のメンテナンス費用がかかってきます。特に多いのが見ず周りの問題や床のきしみ・雨漏りなど.....。 いくらリフォームをしたといえども全ての面で新築にはかないません。このようなことからメンテナンスの費用は新築物件に比べるとかかります。

また、これは新築・中古に限らず、入居者への責任ものしかかってきます。

地震や火災等により入居者の生命に関わる事案が発生した場合には、故意・過失に問わず一定の責任は大家として免れないことも十分に認識をしておく必要があります。

 


② リフォームをして賃貸に貸し出す

さいたま市内の空き家空き地対策・・・改築・リフォーム・リノヴェーション

これには2つの考え方があります。
1. 自分で使用する場合。
2. 賃貸として運用する場合。
この目的によって初期投資に大きな差が出てきます。

「1. 自分で使用する場合」はあなたの経済的な事情により様々ですが、1つだけアドバイスするならば、「いつ何時、賃貸として転用しても入居者を探せる
内装と間取り」をコンセプトに持つということです。
内装などにこだわりを持っていないのなら、
ぜひ「賃貸転用」も構想に入れてください。
次に「2.賃貸として運用する場合」についてです。
先にも述べたように、戸建賃貸物件は需要に対して数が本当に少ないのが現状です。
ですから、家賃設定さえ間違えなければ需要はかなりあります。

しかし、国が空き家対策にテコ入れをし始めると、現在のアパート・マンションのように供給過多となるかもしれません。当然にそれらの状況も見越して差別化を図る工夫も必要です。
単に流し台を交換すればいいとか、風呂釜を新品にすればいいだけに留まらず、やれ「IHキッチン」だの、やれ「浴室専用エアコン」など、入居者のニーズを常に追い続けるリフォームが必要になり、収益性はあまりあがらない時代が来ることも認識が必要です。


③ あなたにはリスクなしで駐車場として貸し出す

さいたま市内の空き家空き地対策・・・賃貸

駐車場は、土地の有効利用でももっとも簡単に始められるものです。土地さえあれば、初期投資はアパートやマンションに比べ極端に抑えることができます。
(※土地が大きい場合はこの限りではありません)
また、駐車場契約は借地権等を認めていないために一定期間(賃貸借契約書に基く)の猶予を持って通知することで解約できます。それに伴う立ち退き料等も必要ありません。このようなことから、あなたには大きなリスクはありません。
弊社では土地の所有者にリスクの無いコインパーキング事業のご提案もしています。

初期投資ゼロで高収益が見込める魅力のコインパーキング事業

場所や規模にもよりますが、コインパーキングは駐車場化の費用を全てコインパーキング運営会社が負担します。また、一般的な月極駐車場よりも高く貸せる可能性があり、初期投資なく高収益が見込めます。


駅前や幼稚園・保育園、小学校の周辺、幹線道路沿いなど理想的ですが、住宅地内でしかも道路付けが4m~6mの場所に空き地をお持ちであれば、先ほどの場所のような収益はみこめませんが、その空き地の税金の一部または税金以上の収益が見込めます。
コインパーキングでの土地活用をご検討される方は、弊社提携コインパーキング会社より無料でレイアウト作成や借上げ賃料などのご提案が可能ですので、詳細については弊社までお問合せください。


④ 自動販売機設置場所で貸し出す(狭小地)

さいたま市内の空き家空き地対策・・・賃貸

最近よく耳にするのが、人通りの多い場所や生活道路沿いの土地の自動販売機を設置で収入を得るというお話。主婦が隙間時間に自動販売機を設置できそうな場所を調査すというニッチビジネスまであります。
自動販売機の設置費用は全て設置会社(飲料メーカー)が負担します。
また、その後の運営(補充やゴミ回収など)は全て設置
会社で行います。そのため、運営負担は全くありません。
唯一の負担は自動販売機の電気代(2,000~4,000円程度)で、月々の収入(10,000~20,000円程度)から支払う必要があります。


⑤ 太陽光発電設置用地として貸し出す(使っていない田畑など)

さいたま市内の空き家空き地対策・・・再利用

少し前ですが、電気の自由化に伴い「売電」=「電気の買取」が注目されました。方法はいたって簡単。お持ちの土地で小規模な太陽光発電所を作ることです。

太陽光発電の設置運営を行っている会社に土地を定期借地で賃貸します。太陽光発電は送電網への接続や事業許可で多くの書類を必要としますが、それらの雑務は、賃貸後の投資や運営は全てその企業が行いますので、あなたには負担はかかりません。

このようなことから、土地の所有者自らがソーラー機器を購入して太陽光発電所を作ることをご希望する方もいましたが、その場合には、太陽光発電のコンサルティング会社への相談はされた方が良いでしょう。


⑥ 賃貸物件を新たに建築して賃貸として貸し出す

不動産投資の王道として言われるアパート・マンション経営も一つの選択肢ですが、私はお勧めを致しません

確かに固定資産税等を軽減させたり、相続税減税として有効な方法ではありますが、現在供給過多になっている賃貸物件は将来、日本の粗大ゴミと貸していくのも必致です。

 

現在問題になっている日本の国が背負っている借金を、子供や孫の世代にまで引き継がせざるを得ない現在の政治の中でさらに、国の粗大ゴミと化した不(負)動産を子供や孫の世代にまで残すことは、決してしてはいけないことの一つだと考えます。


弊社では、公益財団法人 不動産流通近代化センターの最新版価格査定マニュアルを使用して、あなたの大切な不動産の価格を査定いたします。

様々なデーターをベースに、より納得のできる査定価格を算出できるようになりました。