人と人との ”縁” 不動産は縁もの

不動産は「縁もの」とよく言われます。
私も長く不動産に関わっていて強くそれを感じます。
私たち不動産業者が無理やり売った物件や、無理やり貸し付けたお部屋などは、後にトラブルに
なるケースが非常に多いようです。
私は不動産会社に勤務していた際に、このようなことを何度か経験しました。


「企業」ですから売り上げを上げなくてはいけないのも判りますが、家を購入する人にとっては
一生に1度か2度の大きな買い物です。「企業」の都合を押し付けるわけにはいきません。

そいうこともあり、1つのきっかけで独立をしたわけですが、本当にご縁のある物件ならば、
私たちがムルヤリ進めることもなく物件は決まります。
ぬるい言い方かもしれませんが、こんな不動産業者が1社ぐらいあってもいいのかな・・・・

 

先人の教えは、非常にありがたいものです。
以前あるご高齢の方にこんな話をしてもらいました。糸1本からひもが出来る。
そのひもを紡いでいけば縄が出来る。縄を加工していけば、つり橋を作ることだって出来る。
「今、どうしても進まないといけない道の途中で、目の前に深さ50メートルの谷があると
想像してごらん」そこに橋を架け渡って行くのは、とても大変な事だ。

 

でも、糸1本でも繋がっていれば、紡いでひもがを通すことができる。ひもを編んでいけば
縄を通すことが出来る。谷に1本の縄がつながっていれば、そこからつり橋を架けることが出来る。

だから私は自分から縁を切らない。たとえ糸1本でも繋がっていればと思って。色々とご経験を
されてこられた中で、たどり着いた考えだそうです。仕事も全ては人と人のご縁によって
始まります。

日々の様々な出来事や感情は、一時的な事です。ある程度の時間が経って、振り返った後に
この事にようやく気づかされることが、繰り返し起こります。時々この話を思い出すようにしているのですが・・・(笑)

 

このブログとホームページも皆様をつなぐ糸1本にでもなれれば幸いです。